日本の現行の普通切手の額面の種類

7月 31st, 2016

今から170年以上も前のこと、世界初の郵便切手が英国で発行されました。また、日本で最初に普通切手が発行されたのは、明治の初期、すなわち1871年のことです。そして、その20年以上後の1894年、明治天皇の婚礼25周年を祝して発行されたのが、日本初の記念切手です。

ではここで、2016年6月現在における、日本の現行の普通切手の種類について、簡単にご説明しましょう。まず、最も少額であるのが1円です。これに描かれているのは、「日本の近代郵便の父」とも呼ばれる人物、前島密です。江戸時代の末期、越後国(今の新潟県)で生まれた前島は、日本の官僚また政治家として、日本の近代化に様々な分野で貢献しました。近代郵便事業の整備も彼の業績とされており、それをたたえる意味も込めて、その肖像がこれに採用されています。

さて、次の額面は2円です。ながらく秋田犬をデザインしたものが使用されてきましたが、利用頻度の少なさなどの理由から、2002年には廃止となってしまいました。ですが、2014年の消費増税と郵便料金の改定に伴い、その需要に再び目が向けられるようになりました。そこで、この年に「エゾユキウサギ」という白ウサギの描かれた新デザインのものが発行され、50円(かつてのはがき料金用)や80円(かつての封書料金)の切手に追加として貼付されるなどして活用されています。さて、これ以降は、日本特有の動物たちが登場します。すなわち、「シマリス」が3円切手に、「ニホンザル」が5円に、「トキ」が10円に、「ニホンジカ」が20円に、「キタキツネ」が30円に、そして「ニホンカモシカ」が50円にそれぞれ描かれています。

そして、これに続く額面には、日本の6種類の植物が描かれています。すなわち、52円切手の「ソメイヨシノ」、82円の「ウメ」、92円は「スミレ」、100円は「サクラソウ」、120円では「フジ」の花、そして140円の「ヤマブキ」という植物たちです。

さらに、これ以降の4枚に描かれているのは、日本の代表的な国立公園の風景です。205円切手には、鹿児島県にある「屋久島国立公園」の縄文杉が描かれています。次いで、近畿地方の3県にまたがる「吉野熊野国立公園」が採用されているのは280円です。そこには和歌山県の那智の滝が描かれています。そして、310円には北海道の「利尻礼文サロベツ国立公園」内の利尻島が、また500円には青森県など東北3県にまたがる「十和田八幡平国立公園」の奥入瀬渓流が描かれています。そして最後に、1,000円切手に描かれているのは、日本を代表する最高峰、富士の姿です。したがって、これまで述べてきた現行の普通切手の額面の種類は、合計で19種となります。なお、上記に加えて、慶弔用(お祝いやお悔やみの文面を送るため)に利用される切手が4種あります。

Posted in 切手 | No Comments »

通常の郵便物や速達郵便などの切手料金

7月 29th, 2016

郵便制度が整備されている国では、ほとんどの国において、送りたい郵便物の種類に従って、それぞれの郵送料が明確に規定されています。たとえば、現在の日本において、はがきを送るための郵送料(切手代)は52円です。また、封書などの場合は、その最低の郵送料(切手代)は82円です。とはいえ、送りたい郵便物の大きさや重さから、何種類かの料金が設定されています。最も一般的に利用されているのは、「定形郵便物」と呼ばれるサイズです。この「定形郵便物」とは、送りたい郵便物の横の長さ(短い方の長さ)が9センチから12センチの範囲、縦(長い方)の長さが14センチから23.5センチに収まっているもので、その厚みは1センチ以内と定められています。こうした定形郵便物の郵送料(切手代)は、重さが25グラム以内の場合に82円、50グラム以内で92円です。

これに加えて、「定形外郵便物」というものがあります。これはいくらか細かい規定となっているため、その詳細については省略しますが、前述の定形郵便物にはあてはまらないものであっても、この「定形外郵便物」として認められるサイズのものであれば、その重さに従った郵便料金を支払うことで郵送が可能です。50グラム以内で120円、100グラム以内で140円などとランク分けされており、最大は4キロ以内の1,180円です。さて、こうした郵便物の発送に関しては、前述のような基本的郵送料に付加されるオプション料金も何種類か定められています。そのうち、一般の人にもよく利用されているのが、速達郵便です。速達で出す場合の切手の料金は、郵便物の重さに従って、次の3種類が定められています。すなわち、250グラムまでの速達郵便物には、本来支払うべき金額に280円を加算します。つまり、その金額分の切手を追加で貼ればよいわけです。また、重さが1キロまでの速達郵便には、380円が加算されます。そして、重さが4キロまでなら、650円の加算が必要です。これら3種類の速達料金のうち、最も多く利用されているのが、250グラム以内の郵便物に加算される280円です。そのため、郵便局では280円の普通切手が販売されており、この1枚を追加するだけで用が足りるようになっています。

なお、速達郵便を送る場合には、朱書き(赤文字)で「速達」という文字を郵便物表面の目立つ場所に明記しなければなりません。郵便局の窓口には、そのためのゴム印も用意されていますから、局員にその旨を伝えれば押してもらうこともできます。さらに、会社などで大量に、もしくは頻繁に速達郵便を差し出すようであれば、文具店や印鑑店などで、速達表示用のゴム印を購入しておくこともできます。

Posted in 切手 | No Comments »

切手のきれいな貼り方

7月 23rd, 2016

郵送された郵便物を見るときに、目が行ってしまうのが切手だと言われています。

わずかなスペースの中に絵柄やデザインが施されているので、やはりそれだけ目が行ってしまうのも当然でしょう。

しかも、記念切手であればそれだけ注目も集めやすいし、受け取った方の関心も高くなるものです。

しかし、簡単に思っている貼り方ですが、これが意外にも難しく失敗する可能性も少なくありません。

なぜならば、まっすぐに貼られていなかったり、一部がめくれていたり、切手そのものが折れていたりすることが意外にも多いからです。

そのためには、貼り方のポイントを押さえておくと安心です。

ちょっとした心遣いですが丁寧に貼ることで、受け取った方の印象も随分と変わってきます。

特に、結婚式の案内状は重要な意味を持つものですので、失敗しないようにきれいに貼るように心掛けるようにすれば、先方にもきちんとした印象を与えとても喜んで受け取ってもらえるのではないでしょうか。

逆に、雑に貼っていると真心がこもっていないという印象を与えかねません。

そのためにも、他の郵便物もそうですが、特に結婚式の招待状は、ポイントを知った上で準備するようにするのが賢明だと言えるでしょう。

綺麗な切手の貼り方は、いくつかあります。

まず、一般的なものは事務用のスポンジに切手を付けてから貼ることです。

この時に、スポンジの水分が多くなるとつい触ってしまいたくなりますが、さわることでゆがみが出たり皺が寄ったりしてしまうので、まっすぐに貼ってからは切手が乾くまで待ちましょう。

さらに、切手の貼り方で指で行うのではなく、周りのギザギザとした部分まできれいに貼るには、ピンセットが活躍します。

手先の不器用な方でも、ピンセットを用いれば比較的失敗をせずにきれいに貼ることができるので知っておくと役立ちます。

そして、きれいに貼るための前提として、シートで切手を購入している場合、カットする時にも注意を払いましょう。

指先で勢いよく引っ張ると、ついほかのところまで破れてしまう可能性があるからです。

じっくり時間をかけて、1枚ずつ破ることで破損してしまうことを避けるだけではなく、きれいに貼るための条件を満たすことにもなるのでおすすめです。

結婚式の招待状はとても大切な意味をもつものですので、特にこのような方法で、細心の注意を払って貼ってみるようにしましょう。

また、ほかの郵便物でもこのような方法で貼れば、受け取った方の印象もとても良くなります。

Posted in 切手 | No Comments »

切手の使い勝手の良さと封筒に貼る枚数

7月 20th, 2016

切手というのは、誰もが知っているアイテムで、色々な額面の物があることは誰でも知っているでしょうが、その種類をすべて把握している人となると、かなり少ないのではないでしょうか。

具体的な種類としては、1円切手から始まり、2円、3円、5円、10円と進んでいき、100円を超える物や200円を超える物もあり、全部で20種類以上も存在しています。

また、普通切手の他に特殊切手というのも存在して、さまざまなデザインの物があります。送り手に合わせてデザインを選択して、それを封筒に貼って送るという、喜んでもらえるような使い方をするのも楽しみ方の一つと言えるでしょう。

ちなみに、これだけ種類がありますから、手元に色々な額面の切手が集まってくることもあるでしょう。

ですから、色々な機会に使えると便利なものですが、普通郵便で使えるのはもちろんのこと、大きな物を送る時に便利なゆうパックを利用する際に使うこともできるので、とても便利です。

また、もし足りない時には、現金と一緒に支払うことができるという使い勝手の良さも嬉しいところです。ただし、コンビニの場合には現金のみの対応となっていますから注意が必要です。

こういったことを覚えておくと、色々と役に立つことでしょう。郵便物を送る際に、切手に封筒を貼って送るのはよくあることですが、その際に、封筒に貼る切手の枚数制限はあるのか?という疑問を抱く人もいることでしょう。

自分で郵便を出す場合にも、逆に送られてくる場合にも、切手が大量に貼られているという状態を目にしたことがないという人は、そういった状態に対して違和感を感じて、問題ないのだろうかと気になるものです。

結論から言うと、切手を貼る枚数に制限は設けられていません。つまり、たくさん貼って送ることも可能なわけです。

ただし、当たり前ではありますが、そのせいであて先が見えなくなっては支障が出ますから、そこは注意が必要です。

また、いくらたくさん貼ることが可能だからといって、あまりにもたくさんの切手を貼るとなると、結構面倒な作業になるものです。

そして、面倒なのは自分だけではなく、郵便局の人もです。それだけたくさん貼られた状態の物を受け取るとなると、確認することが大変になることは容易に想像できます。

買い物をした時に、大量の1円で支払うということは、なかなかしないものですが、それと同じで、切手を貼って使う時にも、枚数に配慮した方が双方、効率が良いと言えます。

なお、色々と細かなことを知りたい方は、こちらのページをのぞいてみると良いでしょう。

Posted in 切手 | No Comments »

切手を処分するときの最適な方法

7月 20th, 2016

家の中に眠っている切手があるときには、店舗を構えている買取店やインターネット上の買取店に売却する処分方法があります。切手の中には価値を持っている種類のものもありますので、そのまま捨ててしまうことは勿体ないと言えます。買取店に売却すれば現金化が可能ですし、専門店で売る方法で処分を行えば、価値のあるものを別の誰かに使ってもらうことが可能になります。様々な品物を扱っている買取店や金券ショップの場合には、査定を行うスタッフが切手の専門知識を持っているとは限りませんので、良い品物であっても正当に鑑定をしてもらえない可能性があります。しっかりと知識を持っている鑑定士に評価してもらいたいと思うのであれば、専門店に売却することがおすすめです。切手買取を行っている専門店の種類には、店舗を構えている買取店と、インターネット上で営業している買取店があります。基本的には店舗型のほうが、経費が高くかかってしまうために買取価格が下がる傾向にあります。また、利用者側からしても、店舗まで足を運ばなければならないために手間がかかることや、近くに買取店のお店がないという問題も発生します。安い価値しかない品物を売却するのでれば手間がかからない近くの買取店に売れば良いですが、プレミア価値を持っている切手を売りたいときには、評価の高いネット上の買取店に売ったほうが良いと言えます。ネット上で運営をしている切手買取店には、最短30分ほどの時間で査定員が自宅まで来てくれる業者があります。査定までにかかる時間や現金化までをスピーディーに行ってくれるために、すぐに資金が必要な事情があるときに便利です。ネット上からホームページにアクセスするだけで、無料査定の手続きを完了させることができるので、切手を処分したいと思ってすぐに売却することができます。査定依頼を行うときには出張の対応をしてくれるエリアに含まれているか確認しておくことが大切ですが、知名度の高い切手買取店であれば、全国的に幅広く出張可能です。出張買取に対応してくれる買取店であっても、出張エリアが狭い業者だと全国の様々な地域までスタッフが来ることはできないために、首都圏のみの営業となることが多いです。全国対応を行っている買取店であれば、近くに切手買取店がなくて自分でお店まで行けない人であっても気軽に利用して手持ちの切手を売却できるメリットがあります。査定そのものを無料で行っている業者を選んでおけば、提示された買取価格に満足できなかったときであっても無駄な費用をかけなくて済むので、損をする心配はありません。複数の業者の査定を受けることで、最も良い価格を提示してくれる業者を見つけることが可能になります。

Posted in 切手 | No Comments »

有名人にも切手を集めている人が多くいます

7月 17th, 2016

小学生の頃に切手を集めていた人も多くいますが、これは一般の人だけではなく、現在メディアなどで活躍中の有名人の中にもこのような人々が存在しています。

物を集めると言う事を趣味と呼んでいますが、切手を集める人の事を収集家などと言います。

収集家の中には日本だけではなく、イギリスやアメリカ、中国などの外国のものを集める人もいますし、未使用品だけではなく、使用済みのものを集めている人も大勢います。

物を集めるため楽しみと言うのは、自分が今まで持っていなかったものを所有することが出来ると言う魅力が在り、子供の頃にブームとなっていた切手収集を行っていた人も多く、現在では40代~60代と言う年代になっているケースが多く在ります。

尚、ブームが去る事で収集家の数は激減したと言われており、現代において収集をしている人はブームの時代と比較すると少ないものの、ネットオークションなどに出品をすることで入札者が多くいることからも、切手のブームは去ったと言われていますが、収集家は存在していること、そして価値は下がっているとはいっても、集める人にとって安い金額で集められると言う別の意味での魅力が在るのが切手だと言われています。切手収集をしている人はブームの時代と比べると少ない、そして専門店などに持って行くと集めている人が少ない事やブーム以降に発行されたものは市場に多く在庫となっているため、バラ品などの場合は買取りを断れてしまう事も多く在りますし、ブーム以降の切手の中には一部プレミアが付くものも在りますが、大半が額面を下回る金額で取引が行われるケースが多いなど、切手の価値と言うのは年々下がっていると言います。

因みに、専門店では買取りだけではなく、販売を行っているお店も多く在りますし、販売を専門に行っているお店も多く在ります。

郵便局で購入する時には記載されている額面を支払う事で買う事が出来ますが、専門店などの場合は額面よりも高い金額で購入する事になります。

これはそれぞれの切手の価値に応じて値段が定められているからなのですが、ネットオークションの場合は額面と同等もしくは額面よりも高い金額で落札が出来ることからも、有名人の中にはネットオークションを利用して自分が持っていないものを入札すると言うケースも在ります。

尚、有名人の中でもアナウンサーの安住紳一郎氏は、オークションを利用する人の一人でもあり、詳しくは安住紳一郎 切手収集を熱く語るを見て貰えると切手の魅力を教えてくれます。

Posted in 切手 | No Comments »

不要な切手を換金したい

7月 17th, 2016

思わぬお宝が眠っているかもしれません。

現在はインターネットが発達したことによって、メールやSNSでのやり取りが普通になっています。

到着に日数がかかる手紙を利用するのはお正月に年賀状を出す等季節の行事以外には利用しないかもしれません。

ハガキや切手が自宅に大量に眠っているなんて人も多いと思われます。

切手は換金性の高いアイテムとしてもコレクターアイテムとしても時代を問わず人気があります。

余っている切手を換金したらとんでもない額の現金が手に入るといった事もありえます。

なんらかの国家行事が行われた事を記念して発行される記念切手は、そのデザインや希少性の高さから人気があります。

以前は記念切手の発売に際し、朝早くから郵便局に並んで、買った後も指紋等の汚れが付かないように慎重に取り扱って大事にしていたという方も多いです。

現在はそこまで話題にもなりませんし、価値もそれ程ありませんが、マニアにとってはやはり欲しいものとなります。

金券ショップ等で気軽に現金に変えられる物ですが、一般の人が見ると価値が分かりにくいというのも現実です。

それにどうせなら価値がわかる人に大切に取り扱ってもらいたいと思うのも心情ですね。切手の換金方法ですが、主に取り扱っている郵便局では買取は行っておりません。

郵便局では、一枚に付き5円の手数料を支払えば新しい切手か、ハガキと交換というサービスになります。

現金に変えるとなると別の業者を利用する形になります。

主な方法としていくつかご紹介しますと、

まずはネットオークションを利用する方法です。

これは個人で商品の掲示、発送等の準備をすべて行うことになりますので若干手間がかかります。

しかし納得のいく値段で売る事が出来るというメリットもあります。

他には金券ショップを利用するというやり方もあります。

金券ショップは大量のアイテムを一度に処分できる事から買い手にとっても売り手にとってもありがたいお店です。

しかし、主に数と一般的な価値でしか買取価格を掲示してくれませんのでプレミア付きの切手等が混じっていた場合少し損をしてしまったような感覚になってしまいます。

最後にご紹介するのが切手専門の買い取り業者を利用するやり方です。

専門家による確かな検品で買い取り価格を掲示してくれるので、思わぬお宝に巡り合う可能性もあります。

自宅に眠っている不要な切手を査定に出してみると思わぬ収入になる事もありますよ。

Posted in 切手 | No Comments »

豊かな老後の資金を切手売却で

1月 16th, 2016

数十年前の切手収集ブームのころから記念切手を集めていたという方で、もう今は集めていないという方、置き場所にも困るしそろそろ手放そうかと思っている方、それは良い考えかもしれません。私もインターネットでいろいろと記念切手買取業者の情報などを見て知ったのですが、記念切手をきちんと集めてきた切手ファイルが何冊もあるような場合、かなりまとまった金額で買取してもらえることがあるそうです。豊かな老後を迎えるための資金にするために、何十冊という記念切手ファイルを売るという人もいるようですよ。

記念切手のファイルがあるといっても、ファイルの外から見ただけでは価値はわかりませんよね。1枚1枚異なる切手や切手シートが保管されているのでしょうから、きちんと中身を確認して、価値を把握してもらわなくては、まっとうな値段での買取とはいえません。

大量の記念切手でもきちんと1枚1枚査定してくれる良質な記念切手買取業者を探すのなら、買取業者の決定版ともいえる「記念切手買取相場.net|口コミ生の声!~地域でこんなに違った! 」というサイトを参考にしてみてください。こちらのサイトに紹介されている記念切手買取業者なら、どれを選んでもきちんと査定・高額買取がかなうと思います。

Posted in その他 | No Comments »

記念切手売却で失敗したくないなら

1月 15th, 2016

記念切手って最近はいろいろかわいいのやおもしろいのがたくさん出ていますね。この前郵便局に入ったときには、ディズニープリンセスの記念切手シートなんていうのが販売されているのを見かけました。これは小学生のお嬢ちゃんたちが郵便局を介した文通をしたりするなら欲しがるだろうなあと思いながら眺めていたものです。

こういう記念切手は、郵便局で売られているときは、特に値段に差がないんですね。82円のプリンセス切手が10枚並んでいるシートなら820円で売っているわけですから、「まあいつか使うだろう」と思って好きな絵柄のものを見かけたらついつい買ってしまうという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、そんな風になんとなく買い置きしてしまった記念切手、全然使うあてがないなあとなってくるとどうしますか?そのままコレクションしているのが楽しいという方はそれで良いのですが、もったいなかったなと思うのであれば、売却することができますよ。記念切手買取サービスに依頼すれば、あなたの記念切手を買い取って現金精算してくれます。

記念切手買取サービスへの売却は、情報収集がカギです。失敗したくない方はこちらの「記念切手買取相場.jp|デキる人は失敗から学ぶ~口コミ評判業者」というサイトを一度読んでみてくださいね。

Posted in サービス | No Comments »

記念切手の価値を最大限に引き出すには

1月 14th, 2016

おじいさまやお父さまなどが記念切手を集めていて、それを譲り受けはしたけれど、自分は記念切手を集めることに興味がないという方。その記念切手、もったいないですよね?記念切手は絵柄が美しいものも多く、コレクションすることが好きな方はいらっしゃるのですが、コレクションすることに価値を見出さない場合は、たくさん持っていてもただの値段が書かれた紙にすぎません……。では、それらの記念切手の価値を最大限に引き出すにはどうすれば良いでしょうか。

記念切手を確実に額面通りの価値で利用するなら、郵便物に貼って郵送料として使うのが最適です。たとえばたびたび通信教育の添削問題を出す方などであれば、まだ使い道があるでしょうか?とはいえ、手紙を書くことってそう多くはありませんから、一度にスッキリ処分しようと思ったら、記念切手買取業者に買取回収してもらうのが良いでしょう。記念切手は、記念切手買取業者に相談すれば、1枚1枚の価値に応じて値段をつけて買取してくれます。

特に、お手元の記念切手が昔からのコレクションなのであれば、コレクター垂涎の的の記念切手が混ざっていたりすると、思わぬ高額買取がかなうかもしれませんよ。おすすめ業者は「記念切手買取相場.com|知らないと失敗する!~口コミ評判業者」というサイトで見つけることができますからチェックしてみてくださいね。

Posted in 回収 | No Comments »

前ページへ